最果てのパラディン

Special

用語解説

≪創造のことば≫
上古の魔法文字。天地創造に使われた言葉としるし。
この世界では言葉と文字には力があるとされる。そのため、日常生活でも使用できるように知識神エンライトがその文字や発音を崩し、乱した、「俗用言語」というものを生み出した。

≪次元神ディアリグマ≫
悪神の一柱であり、悪魔やデーモンたちが信仰する神。
デーモンは異次元の生き物のため撃破すると多くは消滅する。

≪祝禱術≫
神々が時折、これと見込んだ信徒に与える不思議な力。自らの身を介して、既にこの世界には存在しない神の力を地上に顕現させる術。
加護、奇跡、祝福などとも呼ばれる。
魔法では不可能な、傷病者を健康体にするなどの現象も起こせるため、祝禱術の使い手に対する社会的な信頼は厚い。

≪沈黙の祈り≫
地母神マーテル系の修道院で冬に行われる厳格な行事。
日の出から五日後の日暮れまで、緊急事態以外はすべての発語が禁止される。合図すら鐘や鈴で行い、最低限の睡眠など以外は祈り続ける。

≪二重魔法投射(ダブルキャスト)≫
マナを振り分けながら正確に《ことば》を同時に発声し記述する。
この世界の魔法には自爆の可能性がつきまとうが、これは特にその危険が大きく、扱いが難しい。

≪三重魔法投射(トリプルキャスト)≫
左右にそれぞれ異なる《しるし》を描き、続けざまに口で《ことば》を詠唱する。

TOPページ
トップページへ