最果てのパラディン

Special

魔法のことば

エーラースス
《消去》:すでに発動した《ことば》の効果を消し去る《ことば》。
その性質上、加減を誤っても大きな問題が生じないため、新米魔法使いの練習などによく使われる。

フラムモー イグニス
《燃える》《火炎》:言葉通り、火炎をその場に発生させる魔法。火はその場から動かないため危険性は低く、加減を誤っても火傷程度で済む。
そのため新米をようやく脱した初級の魔法使いが、《ことば》の危険性を学ぶためによく練習させられる。
ただし、この炎に何か動作を命じる《ことば》を付与すれば、途端にそれは凶悪な攻撃魔法と化す。侮ることはできない。

アクケレレティオ
《加速》:文字通りに動作を加速させる魔法。正確に言うと、運動ベクトルを強めている。
魔法戦士に好まれる《ことば》だが、どうしても動作が直線的になり、加減を誤ると自らの足を痛めかねないという欠点もある。
また足を滑らせたり何かにひっかかって加速にねじれが生じると、たいへん悲惨な事態になるため使用する戦場は選ぶ必要がある。

クルレレ オレーム
《走る》《あぶら》:分厚い脂を地面に沿って走らせ、相手の姿勢を崩したり、一定区域に踏み込みづらくするための魔法。
加減を誤っても大量の脂が出るだけで、使用者の身に危険が及ばないため、実戦向けの《ことば》の一つとしてガスは愛用している。

カデーレ アラーネウム
《落ちる》《蜘蛛網》:空中に巨大で粘つく蜘蛛糸の網を生じさせ、投網のように相手を捕らえたり、一定区域に踏み込みづらくするための魔法。
加減を誤っても大量の蜘蛛糸の網が出るだけで、使用者の身に危険が及ばないため、実戦向けの《ことば》の一つとしてガスは愛用している。

ルーメン
《光》:光源を発生させる魔法。光は空間に置くようにすることもできるし、物に付与することで照明として持ち歩くこともできる。
その性質上、加減を誤っても大きな問題が生じないため、新米魔法使いの練習などによく使われる。
上手の《光》は適度に明るく長持ちするが、下手の《光》は明るすぎたり暗すぎたりすぐに消えたりするため、魔法使いの腕を測るのに最適。

タケーレ オース
《沈黙せよ》《口よ》:文字通り、相手の口を閉ざす魔法。
《其は偽りなり》などと並んで魔法使い同士の戦いでは多用されるが、相手の《ことば》自体をもつれさせることができるため、より攻撃的。
ただし差し込むタイミングが難しく、またすでに発動済みの魔法や、《しるし》による魔法使用に対しては効果が見込めないなどの短所もある。

エクスペールギースキー
《起動せよ》:あらかじめ《しるし》として刻みあげた、複雑な儀式魔法に対してマナを流し込むための《ことば》。
作中では用意したゴーレムの起動を目的として使用されたが、他にも多種多様な場面で使用される汎用性の高い魔法。
ただしあくまで事前の《しるし》の準備が必要であるため、この《ことば》を単体で唱えても特に何も起こらない。

メンダシアム
《其は偽りなり》:発された言葉をかき消す魔法。
《沈黙せよ》《口よ》などと魔法使い同士の戦いでは多用される。《ことば》も《しるし》も選ばないが、完全に防御寄りで勝利にはつなげづらい。
魔法使い同士の戦いでこの《ことば》を多用する者は、苦し紛れにとにかく防御しているか、別に切り札を用意しているかのどちらかだろう。

TOPページ
トップページへ